釣りしてばっかり・・・・だよ!                ・・・明日はどこへ行こうかなぁ ・・・。 

釣りが好きな人へ たくさん釣りたい人へ 新しい釣りをしたい人へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【沈まない】エルクヘアカディスへの挑戦-その9

2012_0423_231536-1335190535302.jpg
↑↑↑ これは、実験素材です。

先日、いろいろと実験した結果、エルクエアカディスに沈み具合が近い「毛糸」です。
水につけると、暫くは浮力を持ちますが、数分で水を含み沈んでいきます。

その、擬似カディスに木綿糸をつなげたものです。

これを30本作成しました。

昨日、ご紹介した「カディスとかの実験素材を沈めておく網板」に引っ掛けて使います。
↓↓↓
2012_0423_225704-1335189424665.jpg  2012_0423_225706-1335189425418.jpg




この、擬似カディスにジェルを塗ったり、パウダーを振り掛けたり、特殊な加工をしたりして、浮力実験を多数行い、史上最強の浮力をもつエルクヘアカディスを完成させようと思います。

期待しててください。


【 けん's工房 】

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけると、あなたも私も、明日は入れ食いです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

【沈まない】エルクヘアカディスへの挑戦-その8

浮力実験するうえで、いろいろと道具を作っています。

これ↓↓↓
2012_0423_225704-1335189424665.jpg  2012_0423_225654-1335189414119.jpg

これは、実験素材を水中に沈めておく道具です。

もはや、デビューしていますが、なかなかのすぐれものです。

一番初めの実験では、おもりに糸をつけてカディスを沈めていましたが、カディスが不安定で、一か所に固まってしまったりします。

そのため、網上の板に、フックを取り付け、それにカディスなどの実験素材と引っ掛けておくというものです。


改めてこれ↓↓↓
2012_0423_225706-1335189425418.jpg


2回ほど使いましたが、なかなか良い感じです。

でも、下部の金属部分が早くも錆びてきてしまったので、ニスでコーティングしました。



これから、実験結果をより正確にするために大活躍の予定です。



【 けん's工房 】

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけると、あなたも私も、明日は入れ食いです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

【沈まない】エルクヘアカディスへの挑戦-その7

昨日、家の近くのダイソーに行ってきました。

買ったのは、これです。
2012_0421_134630-1334983591157.jpg
細い毛糸で、色が豊富にあるものを選びました。
これで、いろいろ実験が行えます・・・・・。

・・・・・と思って準備をしようとしたら、この毛糸・・・、沈まないのです。。
2012_0421_134656-1334983616495.jpg


これでは、実験ができません。
実験を簡単に言うと、沈んでしまうものがなかなか沈ませないようにすることですから。
この毛糸は3色ともにNGです。

せっかく買ってきたのに、もったいない・・・・もったいない。


カラーのバリエーションはあきらめて、1回目の実験で使った毛糸を使用することにしました。
2012_0421_193141-NEC_0193.jpg





至上最強の浮力のエルクを開発します。!!!


【 けん's工房 】

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけると、あなたも私も、明日は入れ食いです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

【沈まない】エルクヘアカディスへの挑戦-その6

カディスの出来に左右されずに簡易に浮力実験ができる材料を探してみました。

いろいろ思いを巡らせましたが、まずは、「毛糸」と「フェルト」が良さそうな気がしましたので、試すことにしました。

とうわけで・・・・・

①毛糸(太いタイプ)
②フェルト生地
③毛糸(細いタイプ)
   

・・・・・で実験をしてみました。
それぞれの素材の大きさを2パターンにして、試してみます。

今回、カディスの代わりとして、選びたい素材は、ジェルを塗っていないカディスのように、一瞬水中で、浮力をもつもののすぐに水がしみこんで、浮力を失う素材です。

そんな素材があるでしょうか・・・。


こんな感じで、実験を行いました。
(実際の実験状況を写した写真は、なぜかうまく撮れておらず、ブログにUPできませんでした。すみません。)
↓↓↓↓↓
2012_0419_234034-1334846433402.jpg


実験結果、下記のようになりました。

①毛糸(太いタイプ)
これは、長さに関わらず、1時間ずっと浮いていました。
(ジェルも何もつけないで、ずっと浮かんでしまっては、実験になりません・・。)

②フェルト
フェルトのうち、大きくカットしたものは、すぐに沈んでしまましたが、小さくカットしたフェルトは、1時間程度浮力を維持していました。
なぜ違いが出てしまったのでしょうか??
原因は分かりませんが、実験用素材としては不安定で、使用できないですね。

③毛糸(細いタイプ)
これは、ばっちりでした。
長いのも、短いのも、一瞬浮力を持ち、その後、ゆっくりと沈んでいきました。
実際のフライ、カディスと同様の感じでした。


というわけで、今回の実験より、毛糸細↓↓↓にすることにしました。
2012_0421_193141-NEC_0193.jpg




【 けん's工房 】

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけると、あなたも私も、明日は入れ食いです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

【沈まない】エルクヘアカディスへの挑戦-その5

前回に引き続き、最強カディスを目指して、実験用の素材探しです。

実験結果をより正確にするために、カディスではなく、他の素材で実験を行った方がよいのではないかと考えています。
(カディスで実験を行うと、ウイングの本数とか、ウイングのカットの仕方とか、ダビング材の巻き方とか、他の変動要素があって、一概にジェルだけの浮力実験にならないからです。)

そこで、その素材に必要な要素ですが、

①もちろん、浮かぶもの
②水を含むと沈むもの
③切ったり、加工がしやすいもの
④安いもの
⑤色とかのバリエーションがあるもの(比較がしやすい)


・・・・で、いろいろ考えました。

木・・・・
    発泡スチロール・・・・・
 
       紙・・・・
          布・・・・・


木だと実験結果が出るのが、30年後かもしれません。。

発泡スチロールだと、永遠に実験が終わらない。

紙!!!

  布!!

いい感じだ!
この線でいこう!

まずは、紙、布、あたりで、実験用の素材を何にするかの実験を行います。


【 けん's工房 】

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけると、あなたも私も、明日は入れ食いです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Top|Next »

HOME

名前:釣り師1号
趣味:釣り・・そして釣り


ポチっと押していただけると
多分、明日は釣れます。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



 
けん's工房


・沈まないカディス
・爆釣ヒメマス用
   オリジナルサビキ
・エコゴミバック
・ラインダスト

全てオリジナル商品。
かゆい所に手が届いたものばかりです^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。