FC2ブログ

釣りしてばっかり・・・・だよ!                ・・・明日はどこへ行こうかなぁ ・・・。 

釣りが好きな人へ たくさん釣りたい人へ 新しい釣りをしたい人へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【沈まない】エルクヘアカディスへの挑戦-その2

前回のブログから実験を開始している「ドライジェルの浮力-その1」の続きです。

実験対象は、ドライジェルで効果の高いものは何か?です。
今回は以下の4パターンを試してみました。

①「TIEMCO」の「Dry Gell」 
②「TIEMCO」の「DRY SHIELD」
③バイオイル(鳥の脂尾腺に近いオイル)
④何も付けない

上記4種の加工をしたエルクヘアカディスに糸でオモリをつけ、水槽に沈めました。

↓これが、沈めた直後の写真です。
2012_0326_180028-1332752429087.jpg

分かりづらいと思いますが、実験開始直後に④の「何もしないエルクヘアカディス」が沈んでしまいました。
(普通に浮かせていれば、ある程度は浮かんでいるでしょうが、強制的に水に浸けていますので、すぐに水を含んでしまい、浮力を失ったものと思われます。)

やはり、ドライ加工してあるものとしていないものの違いは歴然でした。


そして、次に沈んでしまったのは、バイオイルです。
時間にして約10分程度です。

このバイオイルとは、水鳥が尾から出す脂に近い成分で製造されたスキンオイルです。
人用のオイルでフライのためのオイルではないのですが、脂尾腺のオイルに近いものなので、もしかしたらと思って、実験して見ましたが、やはりすぐさま撃沈してしまいました。


そして、当たり前ですが、やはり「TIEMCO」の「GELL」と「SHIELD」の争いになっています。

この続きは、また後日ご報告します。



【 けん's工房 】

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけると、あなたも私も、明日は入れ食いです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

« 【沈まない】エルクヘアカディスへの挑戦-その3|Top|【沈まない】エルクヘアカディスへの挑戦-その1 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kkken10142.blog102.fc2.com/tb.php/76-7025865d

Top

HOME

名前:釣り師1号
趣味:釣り・・そして釣り


ポチっと押していただけると
多分、明日は釣れます。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



 
けん's工房


・沈まないカディス
・爆釣ヒメマス用
   オリジナルサビキ
・エコゴミバック
・ラインダスト

全てオリジナル商品。
かゆい所に手が届いたものばかりです^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。