FC2ブログ

釣りしてばっかり・・・・だよ!                ・・・明日はどこへ行こうかなぁ ・・・。 

釣りが好きな人へ たくさん釣りたい人へ 新しい釣りをしたい人へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【沈まない】エルクヘアカディスへの挑戦-その3

前回のブログから実験を開始している「ドライジェルの浮力-その1」の(3)です。
今回の実験対象は以下の4パターンです。
①「TIEMCO」の「Dry Gell」 
②「TIEMCO」の「DRY SHIELD」
③バイオイル(鳥の脂尾腺に近いオイル)
④何も付けない
4種類のカディスのウイングやダビング材に水がしみ込んで、いつ浮力が無くなるかを検証しました。

下の写真は、わかりづらいですが、水槽に水を入れ、その中におもりをつけたエルクヘアカディスを沈めています。
2012_0326_180028-1332752429087.jpg


前回までのブログでの報告
沈んでしまったカディス
(1)何もつけないカディス
(2)バイオイル加工のカディス

そして、ここからは、『「TIEMCO」の「Dry Gell」』『「TIEMCO」の「DRY SHIELD」』の一騎打ちとなったわけですが、さすがに浮力を維持するため専用の商品なので、なかなか沈みません。

・・・・やはりさすがです。

結局、3時間以上浮力もその2つは、浮力があり続けました。

最終的に・・・・・・・・

その戦いで、先に浮力がなくなったのは、「TIEMCO」の「DRY SHIELD」

2012_0326_214338-1332765819206.jpg


・・・・で、①「TIEMCO」の「Dry Gell」は、その後1時間以上も浮力があり続けました。(最後は他のフライを取り除くためにピンセットが触れ、それで沈んでしまいました。)
2012_0326_221116-1332767477635.jpg

さすがに「TIEMCO」の2商品です。
脱帽です。

実際のフィールドでも、ドライジェルをするかしないかは、大きなかなりの違いが生じると思われ、浮力維持専用のジェルを使うことが、ストレスが少なく釣りをするためのコツであることは、間違いないと思われます。

是非とも事前にドライジェル加工はすべきだと今回の実験より実証されました。

但し、今回一回限りの実験では、信頼性にかけますし、TIEMCO以外のドライジェルも試してみたいので、是非継続して、実験を行って行きたいと思います。


【 けん's工房 】

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけると、あなたも私も、明日は入れ食いです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

« 【沈まない】エルクヘアカディスへの挑戦-その4|Top|【沈まない】エルクヘアカディスへの挑戦-その2 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kkken10142.blog102.fc2.com/tb.php/77-f59b7d96

Top

HOME

名前:釣り師1号
趣味:釣り・・そして釣り


ポチっと押していただけると
多分、明日は釣れます。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



 
けん's工房


・沈まないカディス
・爆釣ヒメマス用
   オリジナルサビキ
・エコゴミバック
・ラインダスト

全てオリジナル商品。
かゆい所に手が届いたものばかりです^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。